アスレティックトレーナーになるための学校(大学、短大、専門学校、スクール)

日本体育協会のAT承認校は全国に約60校

アスレティックトレーナー(AT)として仕事をするためには必ずしも資格を取得しなければならないわけではありませんが、現実的には「日本体育協会公認アスレティックトレーナー(JASA-AT)」を目指したほうがいいでしょう。

「JASA-AT」になるためには満20歳以上で日本体育協会の養成講習会を受講するか、適応コース承認校(スポーツ指導者養成講習会免除適応コース承認校)を卒業する必要があります。

養成講習会の受講人数にはかぎりがありますので、実際には適応コース承認校への進学が望ましいといわれています。

適応コース承認校を修了すればすなわち資格が取得できるというわけではありませんが、養成講習会や検定試験の一部が免除され受験資格が得られます。

「JASA-AT」の資格取得を目指すことのできる専門学校、短期大学、大学、大学院は全国に60校ほどあります。

日本体育協会(JASA) 学校でも資格をとれます

JASA-AT適応コース承認大学は全国に約30校

「JASA-AT」の適応コース承認校のうち大学は全国に30校あまりあります。

すべて私立の4年制で、授業料や諸経費などをあわせた学費の目安は約500~550万円でしょう。

国立大学については2015年現在、茨城県の筑波大学大学院(人間科学総合研究科)3年制のみのようです。

JASA-AT適応コース承認短大は3校

「JASA-AT」の適応コース承認校のうち短大は、埼玉県の武蔵丘短期大学(健康生活学科)、福井県の福井医療短期大学(リハビリテーション学科)、愛知県の至学館大学短期大学部(体育学科)の3校です。

すべて2年制で、授業料や諸経費などをあわせた学費の目安は約250万円ほどです。

JASA-AT適応コース承認専門学校は全国に約30校

「JASA-AT」の適応コース承認校のうち専門学校は全国に30校あまりあります。

授業料や諸経費などをあわせた学費の目安は、2年制で約250万円、3年制で約300~400万円ほどです。

柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士といった関連する国家資格をあわせて取得する方もたくさんいらっしゃいます。

実際に競技者(スポーツ選手、アスリート)の「治療」をする場合には国家資格が必要なため、将来を考えるとこれらの資格取得も視野に入れたほうがいいでしょう。

NATA-BOC公認ATCを目指すスクール

アメリカではアスレティックトレーナーは国家資格であり、スポーツ指導者をとりまく環境は日本より進んでいるといえます。

「NATA-BOC公認ATC」の資格取得を目指してアメリカの大学に留学することも考えられますが、そのまえに日本国内で関連するスクールに通うという方法もあります。