アートディレクターのつらいこと、大変なこと、苦労

多様化する消費者ニーズに応える大変さ

かつての広告クリエイションは、テレビCM、雑誌、新聞、ラジオを中心とした多くの人に一様にアプローチする媒体が中心であり、広告主が発信したい情報を流すことが主流でした。

しかし近年ではこれらの媒体の比重は、複雑な仕組みが可能なインターネット広告や、さまざまな顧客のために細分化されたセールスプロモーションツールへシフトしつつあります。

多様化する消費者のニーズをとらえ、直接購入や来客につながる個々へのアプローチが求められるように変わってきたのです。

これにより、制作の指揮を執るアートディレクターには、こうした媒体やアプローチ方法のノウハウをものにした上で、他社とは一線を画した独自のアイディアや表現の提案が求められます。

さらにその需要は今後ますます高度化、専門化していくとみられるため、柔軟な対応力や伸びしろを持っていなければなりません。

しかも、直接購入や来客といった消費者の反応はすぐに数値化されクリエイターにも跳ね返ってくるため、クライアント側からのプレッシャーは強まっていく傾向にあるといえるでしょう。

こうしたスキル面、精神面、両方からの圧迫は、アートディレクターにとってなかなかつらいところです。

クリエイターをコントロールする苦労

複数のグラフィックデザイナーを取り仕切り、企画の主旨に合ったデザインワークを仕上げてもらうことがアートディレクターのもっとも比重の高い仕事です。

また、クリエイティブディレクターが不在の会社においては、グラフィックデザイナーだけでなくコピーライター、カメラマン、イラストレーターなど多数のクリエイターを指揮する場合もあります。

アートディレクターはクライアントのニーズや案件のコンセプトなどをしっかり把握した上で、クリエイターに指示を与えたり、チェックや修正依頼を行うのです。

しかし、自分の仕事に強いこだわりを持ちがちなクリエイターをコントロールすることは一筋縄ではいかず、クライアントとクリエイターの間で「板ばさみ」のような状況になることも少なくありません。

アートディレクターは管理職的な立場である以上、避けては通れない苦労だといえそうです。