アートディレクターの給料・年収

収入は会社や人によって大差がある

アートディレクターの年収の平均値は400〜800万円といわれていますが、会社の規模や経営状況によって異なり、なおかつ各個人のスキルや経験によっても大きく差が出ます。

たとえば、大手広告代理店に属するアートディレクターであれば、年収は軽く1000万円を超えていることでしょう。

グラフィックデザイナーなどの一般職のクリエイターをまとめる立場であり、長年の実務経験がないと務まらない職種であるため、同じ会社のクリエイターの中では比較的高収入な職種であるともいえます。

収入の高いアートディレクターとは

会社の規模による格差を除けば、実力主義の広告業界ですから、仕事ができる人ほど評価され、総じて高収入であるといえるでしょう。

アートディレクターの場合「仕事ができる」とは、グラフィックデザイナーやイラストレーター、コピーライターなどのクリエイターと違って、個人の技量やセンスよりもチームとしての能力が高いことを示します。

クライアントの思惑をクリエイティブに落とし込み、それぞれのクリエイターに的確に指示を出し、修正を繰り返しながら1つの作品にまとめ上げること。

これがアートディレクターの技量であり、センスだけでなくコミュニケーション能力に長けていてこそ、高収入を得ることができるのです。

独立により収入アップは見込めるか

会社員として高収入を得ていたアートディレクターの場合、独立してフリーランスになったり、会社を立ち上げるという選択肢も選べるようになるでしょう。

しかし、複数のクリエイターの仲間がいてこそ成り立つのがアートディレクターの仕事。

自分がフリーランスになり、フリーランスのクリエイターに仕事をふるとなると、会社員時代以上のコミュニケーション能力が必要になります。

また、会社を立ち上げるにあたっても、前の会社から仲間をスカウトするわけにはいかないため、人脈作りに相当な時間がかかるでしょう。

しかし、人脈が確保でき、仕事が軌道に乗れば10倍、20倍の収入になる可能性もあり得るのが独立の道なのです。