フリーランスのアートディレクターになるには

フリーランスで働くのが難しい職種

会社に所属して経験を積んだ後に、優秀なクリエイターは独立してフリーランスになることが多いものですが、アートディレクターは広告業界の中では比較的フリーランス向きではない職種であるといえます。

グラフィックデザイナーやコピーライター、カメラマン、イラストレーターなどの場合、在宅勤務で作業を行うことは容易であり、自分で時間の配分ができるなど、独立した方が仕事がしやすい環境になることもあります。

それは、これらの職種は制作物の分業された一部を担う専門色の強いクリエイターであるため、広告代理店や制作プロダクションが仕事を依頼しやすいことが理由のひとつです。

案件によっては打ち合わせやオリエンテーションを1度設けただけで、その後は個々で作業を進め、スムーズに納品に至ることも多々あります。

これに対してアートディレクターは、前述の専門色の強いクリエイターたちの分業された仕事をまとめる側の立場であり、クライアントやスタッフと顔を合わせた打ち合わせのニーズも多いものです。

各々がフリーランスで活動するクリエイターたちの仕事をまとめるより、1つの会社に所属し、そこにいるクリエイターを使う方が仕事がしやすいのは一目瞭然。

そのため、アートディレクターは社員が務めることが多くなるのです。

フリーランスになるまでの流れ

社員として優秀なアートディレクターになる

群を抜いて仕事ができるアートディレクターでなければ、フリーランスで成功することは難しいでしょう。

自分の技量を客観的に見て、独立するべきかどうかを判断する必要があります。

優秀なフリーランスのブレーンを見つける

アートディレクターは1人で制作を行うことはできません。

実際に手を動かすグラフィックデザイナーやコピーライターなどの人脈探しにはなかなか手を焼くものです。

優秀なブレーンを見つけ、太いパイプを確立できるまでは、まだ独立するタイミングではないと考えた方がいいでしょう。