アロマセラピストのやりがい

人を癒し喜んでもらえる仕事

アロマセラピストはお客さんを癒し、元気を取り戻してもらうのが仕事です。

緊張感や疲れ、落ち込んだ気持ちなど、それぞれの人によって異なる悩み。その原因はひとつではなく、多くの要因が複雑に絡まり合っているものです。

そんなお客さんの話をじっくり聞き、香りの好みを把握したうえで、適したエッセンシャルオイルを選んだり、場合によっては複数のオイルを調合したりします。

アロマサロンなどの場合は、実際にお客さんの体に触れてリラクゼーションの施術も行います。

来店時は暗い表情だった人が、「疲れが取れた」「体が軽くなった」と言って喜んで帰る姿を見るのが、アロマセラピストがもっともやりがいを感じる瞬間だといえるでしょう。

努力によりステップアップできる

アロマセラピストの資格は民間のものではありますが、知識と実力を積むほどに上の資格取得へ挑戦できるのが特長です。

日本でもっとも多くの人がチャレンジしている、公益社団法人日本アロマ環境協会の「アロマテラピー検定」を例に挙げてみましょう。

まず、初心者向けの「アロマテラピー検定」に合格すると「アロマテラピーに詳しい人」という証明になり、1級合格と同時に「アロマテラピーアドバイザー」の受験資格が得られます。

これに合格するとプロフェッショナルとしてお客さんに商品を販売したり、安全なアロマテラピーをアドバイスできる実力が認められる資格です。

「アロマテラピーアドバイザー」に合格すると、「アロマテラピーインストラクター」「アロマセラピスト」の受験資格が得られます。

「アロマテラピーインストラクター」はアロマテラピーを実践するために必要な知識や方法を、専門家として一般の人に指導できる能力を認定。

「アロマセラピスト」はプロのアロマセラピストとして、お客さんにトリートメントやコンサルテーションを含めたアロマテラピーを提供できる能力が認められます。

このように、努力により上位の資格へステップアップでき、自分のスキルの手応えを感じることができるのも、アロマセラピストにとってのやりがいのひとつです。