アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピストとは

天然の植物から抽出したエッセンシャルオイル(植物性香油)を使い、アロマテラピー(芳香療法)を行う施術者やアドバイザーのことをアロマセラピストといいます。

フランス語読みが「アロマテラピスト」、英語読みが「アロマセラピスト」となりますが、「セラピー」に「治療」のイメージを持つ人もいることから、「アロマテラピスト」を好んで使う人もいます。

香りによるヒーリング効果で心と身体をリラックスさせたり、ストレス解消やさまざまな身体の不調を改善に導く仕事です。

雑貨店などでアロマグッズが人気を集めている昨今、一般消費者の間でも香りの効果が認められてきています。

何かとストレスが多い現代社会において、香りのプロフェッショナルであるアロマセラピストは、この先も需要が増え続ける存在だといえそうです。

アロマセラピストの働き方

アロマ専門ショップに勤務

勤務するお店で取り扱うエッセンシャルオイルやアロマグッズについての商品知識を習得し、人によって異なる好みや悩みに応じたおすすめの商品を紹介したり、使い方のアドバイスを行います。

施術よりもカウンセリング的なスキルが求められる職場です。

美容サロン、アロマトリートメントサロンに勤務

アロマテラピー関連の知識に加え、エステティックに近いマッサージやトリートメントの技術を習得した人なら、美容サロンでの勤務が可能です。

実際にお客さんの顔や身体、手、足などに施術を行います。

その他施設や店舗にアドバイザーとして勤務

マッサージや鍼などの治療院、心療内科などの医療関係施設では、待合室や施術室にリラックス効果のあるアロマを使うなど、アロマテラピーを取り入れるところが増えています。

医療機関では患者さんに触れる施術はできませんが、そのような施設や一般の店舗などでもアロマセラピストの活躍の場が増えています。

アロマスクールの講師として働く

民間のアロマセラピスト関連の資格を取得し、上記の職場で経験を積んだ人なら、後続のアロマセラピストを育てる講師としての勤務も可能です。