未経験からアロマセラピストになれる?

「アロマセラピスト」の定義とは?

香りによって心身に癒しを与えるアロマテラピーの専門家として、植物由来のエッセンシャルオイルを用いてマッサージなどの施術を行ったり、その人に合った香りをアドバイスしたりするのがアロマセラピストの仕事です。

日本にはアロマセラピストの公的な資格がありません。「これくらいの知識、スキルがあればアロマセラピストとして認められる」という基準がないのです。

つまり、未経験、無資格、無所属、独学であっても、自己申告で「アロマセラピスト」と名乗ることができるというわけです。

ここでは、そのような自己申告型ではなく、企業や店舗に就職するという形でアロマセラピストを目指す場合についてご紹介します。

未経験からのアロマセラピスト

未経験でもアロマセラピストとして就職が可能なのは、アロマトリートメントサロン、エステティックサロン、マッサージサロン、ホテルのスパなど。

これらの店舗に就職する際には、経験者はある程度優遇されますが、とくに資格を持たず未経験者であっても歓迎される傾向にあります。

その理由は、店舗によって異なるアロマ理論や施術方法を一から習得してほしいからにほかなりません。

最初はアシスタントとして先輩に付き、雑用や簡単な施術をこなしながら現場で学び、知識や技術を習得していきます。

逆にアロマ専門ショップや治療院、心療内科などの医療関係施設で募集されるアロマセラピストの場合、即戦力となるプロフェッショナルを求めるため有資格者や経験者を取る傾向にあり、未経験者には向いていません。

働きながら民間の資格取得も

未経験で入った店舗に勤めながら、公益社団法人や民間企業が定める「アロマセラピスト」「アロマテラピーインストラクター」などの資格を取得することも充分に可能です。

店舗によっては資格取得をサポートしたり、推奨する資格を取得することでアシスタントからアロマセラピストに格上げされるところも多いようです。