アパレルメーカー社員のつらいこと、大変なこと、苦労

希望する職種に就けないことも

アパレルメーカーでは、営業、企画、デザイナー、パタンナー、プレス、販売など、多種多様な職種の社員が働いています。

新卒入社の場合は「総合職」として一括採用されるケースが多いため、必ずしも希望の職種に就けるとは限りません。

大手メーカーでは、最初は経験を積むために、全員が販売からスタートという形をとっていることもよくあります。

とくにプレスはアパレルメーカーのなかでも非常に人気が高い職種ですが、実際にこの仕事ができるのはほんの一握りの人だけです。

もちろん自分の希望が通ることもありますが、会社員である以上、どのような仕事を任されるとしても前向きに仕事に取り組むことが重要です。

アパレル業界そのものに強い興味が持てる人でないと、希望通りの仕事ができなかったときにネガティブな気持ちになってしまうかもしれません。

給料は思っているほど高くない

アパレル業界は、全体として給与水準がそこまで高い業界ではないといわれています。

一見、華やかなイメージを抱く人が多いようですが、実際のアパレル製造の現場はコツコツとしたデスクワークやデータ収集など地味な業務も多くあります。

業界そのものが景気の変動も受けやすいため、会社の業績によってはボーナスが支給されないといったケースも出てきます。

正社員ではなく、契約社員やアルバイトの求人もかなり多くあります。

だからこそ、まずは本当にファッションが好きで、ファッションを仕事にしたいと考えている人でないと、つらいだけの仕事と感じてしまうかもしれません。

ただし、企業によっては実力主義で、成果を出せば役職が上がって給料が一気にアップしたり、特別ボーナスが支給されたりするようなところもあります。

がんばり次第では大きく活躍することができますが、高い給料を得ることを目的にするのではなく、仕事に情熱を持ち、素晴らしい商品を生みだすために努力し続ける気持ちが不可欠です。