アパレルメーカー社員の志望動機・面接

志望動機を考えるうえで大切なこと

アパレルメーカーに就職したいと思うのであれば、まずは志望動機をしっかりと考えておくことが大切です。

志望動機を考えるうえで忘れてはならないのは、「ファッションを仕事にすること」に対する自分なりの考えをまとめることといえるでしょう。

ただファッションが好きという人なら、世の中にいくらでもいます。

だからこそ、「好きなファッションを仕事にすることで、何を実現したいのか」ということを改めて考えていくことこそが、志望動機につながってくるはずです。

総合職での採用だとしても、「ゆくゆくはこの仕事がしたい」という目標を語るのもよいでしょう。

また、アパレルメーカーは自社のブランドを持っています。

ブランドに対する思い入れや、他社とは違うポイントについても自分の言葉で語れるようにし、それを志望動機に盛り込むことで、より熱意が伝わりやすくなるでしょう。

面接のポイント

アパレルメーカーの面接では、スーツではなく私服で来ることを指定されることがよくあります。

その背景としては、ファッションに関わる仕事に就く以上、私服を着ることで、その人がファッションにどのような思いを抱いているのかを判断したいという意図があるようです。

また、面接でよく出される質問に関しても、以下のように「アパレル業界ならでは」といえるものがいくつかあります。

・今日の服装のポイントは?
・普段はどこで洋服を買いますか?
・当社のブランドで最も好きなものと、その理由は?
・接客で最も大切なことは何だと思いますか?
・ファッション業界の今後はどうなると思いますか?
・日本と海外のブランドの違いは何だと考えますか?

上位はほんの一例ですが、アパレルメーカーでは、アパレル業界に関する突っ込んだ質問がなされることもよくあるため、企業やブランド研究はもちろん、業界研究も入念に行っておくべきでしょう。

また、面接に着ていく私服に関しては「自分らしさ」が出せるものを選ぶことが大事ですが、あまりにブランドイメージとかけ離れたものはマイナスに判断されることが多いため注意が必要です。