アパレルメーカー社員の給料・年収

アパレル業界の平均年収は?

華やかなイメージを持たれがちで、若者の就職先としても人気が高いアパレル業界。

しかし、その給料についてはそこまで恵まれているとはいえず、むしろ安い給料で忙しく働いている人もたくさんいるようです。

アパレルメーカーでは多様な職種の社員が働いているため、一概に給料を出すことは難しいものの、販売職の場合、正社員でも月収20万~25万円程度、年収では300万円程度に留まることも珍しくないようです。

デザイナーやパタンナー、バイヤーといった企画製造系の職種の場合は、販売職よりもやや高めの給与水準となっていることが多いです。年収にして300万円~400万円程度がボリュームゾーンとなるでしょう。

ただし、これらの職種は個々の実力が給料に反映されやすい面もあり、経験豊富になれば高い給料が得やすいですが、新人時代はさほどその額に期待はできないかもしれません。

このほか、総務や経理、人事といった管理系部門およびプレスなど、いわゆる本部系の職種に就く人も、平均年収は400万円程度となるでしょう。

ただし、プレスに関しては経験が重視されやすく、大手メーカーで活躍しているプレスになると、年収600万円~800万円を安定的に稼ぐ人もいるようです。

全体的には、中小規模のメーカーよりも、大手のほうが給与水準は高めといわれています。

管理職になると給料は上がる

どのような職種に就くにしても、店長やマネージャー、エリアマネージャーといった役職者になると、基本給が上がったり役職手当が付いたりして、より多くの収入を得ることが可能です

ただし、販売の現場で働く場合には、管理職になると年俸制となって、いくら残業しても残業代が付かなくなることがあります。

その場合、いち販売員である時よりも、働いている時間に対しての収入が少なくなるかもしれません。

従業員割引制度について

たいていのアパレルメーカーでは、自社ブランドの商品を割引(30%~50%程度)した価格で購入できる従業員向けの制度を用意しています。

ただし、販売職の場合、基本的に店頭に立つ際にはブランドの商品を着用することが義務付けられています。

会社が支給してくれるところもありますが、洋服が足りなければ自分で購入する必要がありますし、なかには支給されないケースもあります。

こうしたことから、いくら割引されて商品を購入できるとはいえ、思っている以上にお金がかかってしまうと悩んでいる人もいるようです。