アパレルメーカー社員の就職、求人、採用の状況

大手は定期的な採用活動を実施

アパレルメーカーは大手から中小規模の企業までさまざまありますが、比較的大きな会社になると、定期的に新卒採用を行っています。

新卒入社の場合、基本的には特別なスキルや資格などは求められず、入社後に社内で必要な教育や研修を受け、業務を遂行しながら少しずつ社員として成長していく流れとなります。

ただし、大手アパレルメーカーは企画、製造、流通、販売までのすべてを手掛けるところも多く、社内では多様な職種の人が働いています。したがって、就職先によって、どのような仕事に就けるかは異なります。

また、さほど大きくないメーカーの場合には、販売は行わずデザインや製造のみ、といったところもあります。

こうした内容は会社選びをするうえで重要な要素となりますから、就職する前に「アパレル業界で何がしたいのか」をきちんと考えておいたほうがよいでしょう。

また、新卒の場合はキャリアチケットというサービスを利用することで、どのアパレル企業が自分に合っているのかアドバイスをもらうことができるほか、志望動機の添削や面接対策をしてもらうことができます。

キャリアチケットは、「累計6万人以上が利用し、内定率80%」、「最短3日で内定を獲得できる」など、利用するメリットが多いため、うまく活用することをおすすめします。

職種や採用枠によって求められる学歴は異なる

大卒であれば、まずは「総合職」として一括採用され、数年の現場経験を経て、適性や希望に応じて営業や企画などの職種へ異動するケースが多いようです。

一方、デザイナー職やパタンナー職については、専門学校である程度の専門スキルを身につけている人を別枠にて採用することもあります。

外資系アパレルメーカーは、中途採用が中心となっているようです。中途採用の場合、職種にもよりますが業界内での人脈があったり、経験豊富な人が求められる傾向にあります。

販売職は契約社員やアルバイト中心

店頭に立って接客をする販売の仕事については、正社員ではなく、契約社員やアルバイトがほとんどということもよくあります。

一部のアパレルメーカーでは「正社員登用制度」を設けており、正社員以外の雇用形態からでも、本人の熱意や売上成績などによっては社内試験を受け、正社員になる道が用意されています。

正社員での就職はうまくいかなかったけれど、どうしても特定のブランドを持つメーカーで働きたいという場合などには、こうしたルートで正社員になることを目指す人もいるようです。