アパレルメーカー社員として働くには(大学・学歴・学部など)

アパレルメーカーの採用試験を受ける

アパレルメーカーの社員として働くには、各アパレルメーカーが独自に実施する社員採用試験を受ける必要があります。

企業によって異なりますが、学歴に関しては、総合職や企画職、営業職、MD(マーチャンダイザー)職といった本社で働く職種の場合は「大卒以上」が求められることも多いです。

ただし、なかには「学歴不問」で募集をしている企業もあります。その場合、どの職種に配属されるかは一概にいえませんが、販売スタッフとしての採用となっていることもよくあるため、確認しておいたほうがよいでしょう。

また、デザイナーやパタンナーのような専門的な職種については、服飾系の専門学校を出ている人を採用しようとするケースもよくあります。

ファッションデザイナーの仕事
パタンナーの仕事

有利になる学部は?

大学からアパレルメーカーへの就職を目指す場合、気になるのは「どの学部で学べば就職に有利になるのか」ということでしょう。

しかし、アパレルメーカーに就職するうえで、特別有利になる学部や学科はないといえます。

基本的には文系出身者が多いと考えられますが、理系からでも就職することは不可能ではありません。

実際、各社はすべての学部・学科を対象とした採用活動を行っていることが多いです。

最初は販売の仕事からスタートすることも

アパレルメーカーへの就職が決まったとしても、最初から本社勤務ができるとは限りません。

はじめの数年間は店舗で販売スタッフとして経験を積み、そこから努力や実績が認められると本社に異動となるケースはしばしば見受けられます。

販売職以外の職種に就きたい人にとっては、販売の仕事をする時間にもどかしさを感じるかもしれませんが、アパレルメーカーで働く以上、まず現場で「お客さまが何を求めているのか」を肌身で実感することはとても大切であり、貴重な時間となります。

なお、一部のアパレルメーカーでは正社員登用制度を設けています。どうしても希望のメーカーに就職できなかった場合には、まずアルバイトや契約社員としてブランドの販売員となり、そこから社内試験を受けて正社員になる道を目指す人もいます。

正社員として働きたい人は多くいるため、これは決して楽な道のりではありませんが、このようなルートも存在するのは確かです。