アパレル店員の洋服代

アパレル店員の洋服事情

ブランドの「顔」となるアパレル店員は、基本的に自社ブランドの洋服や小物を身につけて売り場に立つことが求められます。

そして、そういったアイテムは自分で購入しなければならないことが多く、さらにシーズンごとに新しいものを揃えなければならないため、それなりの費用がかかってきます。

では、いったいアパレル店員は、毎月洋服代にどの程度のお金をかけているのでしょうか。

働くブランドの価格帯にもよりますが、高級ブランドやファストファッションブランド以外の一般的な若者向けブランドで働く場合には、毎月平均3〜5万円程度かけている人が多いようです。

毎日同じ服装をするわけにもいかないため、ある程度の数はどうしても必要です。

ただし、アパレル店員は店頭価格で購入するわけではありません。ほとんどの企業で「社内販売制度」が用意されており、たいてい3割以上の割引率で購入することができます。

洋服以外にもお金がかかる

いくら割引価格で購入できるとはいえ、毎月何万円も洋服に使い続けるのは厳しいと感じるときもあります。

とくに、まだ若く店員としての経験がそこまでない人の場合、お給料が手取りで20万円もいかないということはざらにあります。

そのような中、洋服をたくさん買って、一人暮らしをして…となると、かなり苦しい生活を強いられることもあるかもしれません。実際、それを理由に離職してしまう人もいるようです。

ただし、社販の割引率は企業やブランドによって異なりますし、中には多くのアイテムを会社が支給してくれるところもあります。そうすれば、洋服代は月に1〜2万円程度で収めることも可能です。

洋服以外にもお金がかかる

また、アパレル店員は多くの人々から「見られる」仕事なだけに、洋服以外のところにも気を配っていなければなりません。

たとえばキレイなネイルをしたり、こまめに美容院に通ってヘアスタイルを整えたり、メイクに力を入れたり…と、ファッションアイテム以外でお金を使わなければならない部分はいろいろとあります。

アパレル店員になる人は、ファッションや美容そのものが大好き!という人が多いため、自分を美しく見せること自体は苦にならないかもしれませんが、お金がかかることだけは避けて通れない悩みとなります。

少しでも節約するためにセルフネイルをしたり、上手な着回し方法を考えたりと、自分で工夫していくことがポイントになってくるでしょう。

仕事体験談