アパレル店員のやりがい

自分の薦めた商品が売れる

お店の売り上げが伸びた日は達成感がありますが、特に自分がお薦めした商品が売れた瞬間は、どこか自分を認めてもらえたような気分にもなり、最高のやりがいを感じられます。

ただし、いつでも順調に売れるとは限りません。調子が悪い日は、まったく売れずにつらい思いをすることもあるでしょう。そんな時でも決して暗い気持ちにならず、明るく振る舞うことが大切です。

仕事は楽しいばかりではありませんが、前向きに取り組んでいれば必ずやりがいを感じられるようになるものです。

多くの人と出会える

毎日、さまざまな人と出会えることも、この仕事ならではの魅力です。人と会話をしたりコミュニケーションをとったりすることが好きな人なら、きっと毎日楽しんで仕事ができるはずです。

また、お客さまに信頼してもらえるまでになると、お客さまは定期的に来店してくれるようになります。「○○さんがいるから来た」と言っていただけたときは、とてもうれしい気持ちになります。

仲間と一緒に働ける喜び

たいていのショップは、複数の店員が一緒に働きます。毎日、一致団結して目標に向かってがんばるため、自然と仲間意識が生まれ、絆も強くなっていきます。忙しいときも、みんなで励まし合うことで乗り切ることができます。

逆に、人間関係がギスギスしてしまうと仕事そのものが楽しくなくなってしまうため、良好な人間関係を築く努力をすることも大切と言えるでしょう。

トレンドに敏感になれる

この仕事では、常に最先端のファッションアイテムに触れるため、自然とトレンドに敏感になります。

あまり流行に左右されない洋服を扱うショップに勤務するとしても、毎日洋服を見ていれば自然とセンスが磨かれますし、流行を気にするようになります。

仕事を通じて常にオシャレな自分でいられるのも、アパレル店員のやりがいです。

仕事体験談