回答者:みささん(女性/33歳)

職業名:アパレル店員 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:1年

仕事内容
一番のメイン業務は接客で、お客様にお声がけをし、コーディネート提案やサイズチェックなどをします。購入されればレジ、会計をします。
その他新商品の検品や在庫管理、品出し、小物出し、商品陳列、展開、競合の売上確認、日報の提出などが日時業務となります。
そして月に1回、全ての在庫とデータが合っているかどうかを確認する棚卸作業があります。
ブランド数5つ程、ターゲットはティーンから大学生位で店舗は北海道から沖縄まで展開しています。
主に若者向けファッションビルや大型商業施設の中にショップは設置されています。従業員数は300名位だったと記憶しています。
仕事のやりがい
新商品を一番に見られること、また、商品開発にも意見ができることは、ファッション好きな人にはとても楽しいと思います。
女性ばかりの職場でしたが皆仲が良かったので楽しかったです。若かったからこその思い出です。
一番のやりがいとしては、自分の顧客さまがついてくださり、私に会いに来て下さるようになった時、とてもやりがいを感じました。
自分が提案したコーディネートを気に入って購入され笑顔で帰って頂けたり、「ここの商品は仕立てがいいね。ありがとう」と言ってもらえたときはとても嬉しかったです。
覚悟しておいた方がいいこと
基本的に立ち仕事なので体力が無い人にとっては過酷な業務です。セールや福袋の時期にはお客様が殺到し整理券を配ります。
呼び込みをしたり、最後尾のプラカードを持って交通整理をしたりすることもあります。在庫がなくなれば倉庫へも走ります。
勤務は月ごとにシフトが決まっているため、急な体調不良で休まれてしまうと他のスタッフが困ってしまいます。
常に体調管理が必要ですから、体力に自信がないとやっていけません。
一見華やかな世界に見えますが、内情は過酷です。
給料・待遇
待遇は大卒初任給が21万円でした。額面的には普通ですが残業代込みで勤務は9時30分〜22時頃なので割には合いません。
有給休暇はあるもののほとんど取得できません。公休は月によって異なり、6日〜8日の間です。連休もなかなか取れないため、長く続けられる仕事ではありません。
ボーナスは1年目で30万円くらいでした。
社員割引があったので、社員は40%オフで洋服を購入することが出来ました。店頭でスタッフが着る洋服は「試着」でしたので、着用後はアイロンをかけて商品として陳列していました。
洋服を買わなくて済んでいたのは助かりました。
売上のノルマはありませんでしたが、同じブランドでも個人売りをカウントされる店舗とそうでない店舗がありました。
配属は基本的に自宅から通える範囲のところになりますが、応援などで遠方のショップへ行くことはたまにありました。
この職業の恋愛・結婚事情
女性ばかりの職場であったため、職場内で出会いはほぼありません。ただ、稀にいる男性スタッフや本社の男性社員と結婚する女性スタッフはたまにいました。
その他大勢の女性は学生時代の友人や飲み会、合コンなど外部での出会いが主でした。
この職業を目指す人へのメッセージ
休みも少なく体力も必要な過酷な世界ではありますが、大好きな洋服に囲まれて仕事ができること、また人と話すことが好きな人には向いている仕事だと思います。
私は長くできる仕事ではないと思いキャリアチェンジしましたが、今でも当時のスタッフやお客様と繋がっていますし、本当に良い思い出です。
体力さえあれば、またやってみたいと思える素敵な仕事だと思います。
興味がある方は是非挑戦してみてください。