何歳までアパレル店員として働ける?

アパレル店員は若い人しかできない仕事?

アパレル店員は、華やかなイメージから、どうしても若者向けの仕事と思われがちなようです。

しかし、実際はショップやブランドのコンセプトやターゲットによって、そこで働く人の年齢層も異なります。

ヤングやカジュアル系のショップやブランドの場合は、店員も20代前半から半ばくらいの人が中心に働いていることも多いですが、ミセス向けのブランドであれば30代以上でも働くことができます。

また、40代以上の人をターゲットにしたブランドであれば、むしろ20代など若い人はあまり積極的に採用されないこともあります。

勤務先をきちんと選べば、何歳になっても働けるアパレル店員として働けるショップやブランドは見つかるといえるでしょう。

収入や体力面で不安を抱く人も

アパレル店員に年齢はさほど関係ありませんが、この仕事は立ち仕事であり、意外と体力を要するため、年齢を重ねていくとその点で厳しさを感じる人もいるようです。

また、順調に店長やマネージャーなどのポジションへステップアップできればよいのですが、いち販売員である限り、さほど大きな収入は得られない可能性があります。

収入をアップさせたければ、お客さまの信頼を集め、できるだけ成果を残す努力が必要になってくるでしょう。

販売の現場から本社勤務へ

アパレル店員としてキャリアをスタートした人は、そのまま年齢に応じたショップやブランドへ転職をし、ずっと店員として働き続ける人もいますが、なかには本社へ移動となって企画や営業などの仕事にキャリアチェンジするケースもあります。

本社勤務は希望すれば誰もができるというわけではありませんが、店員として実績を残していたり、センスがあると認められれば、新しい仕事に挑戦することも可能です。

本社勤務となれば多様な職種の選択肢があるため、同じ企業でも長く働き続けることができるでしょう。

仕事体験談