アパレル店員の勤務時間・休日

勤務時間

アパレル店員の勤務時間は、勤める店舗の営業時間に応じて決まることが多いです。

よくあるパターンとしては、たとえば店の営業時間が11時〜20時の場合、10時から19時まで勤務するスタッフと、13時から21時まで勤務するスタッフがおり、それぞれ1日実働8時間の2交代制で働くといったものです。

営業時間の前後には、店の掃除や片付け、品出し、売上管理、商品整理等を行うため、営業時間ピッタリで働くということはありません。

繁華街にある店の場合、平日は仕事帰りの会社員に合わせて夜遅くまで営業し、朝が遅い代わりに22時や23時頃まで働くこともあるでしょう。

一方、住宅地の店舗はさほど遅くまで開いていないこともあります。店舗の立地やブランドによって営業時間が異なるのも、アパレルショップの特徴です。

休日・休暇

フルタイムで働くアパレル店員の休日は、たいてい「月に8日〜10日程度」となっていますが、勤務スタイルは基本的にシフト制のため、定休日以外で決まった休日が儲けられていないのが普通です。

土日祝日が休みとなる週もありますが、一般的な会社員のように、土日連続して休めることはあまり多くありません。

また、アパレルショップは、年中無休の店も少なくありません。もしそうでなくても、土日祝日はお客さまを集めやすいため、ほとんどの店が営業しています。

ただし、セール期間中などの繁忙期でなければ、他のスタッフとの事前調整によって有給休暇もとりやすいようです。

残業はある?

一概には言えませんが、セール期間中など予想以上にお客さまが多くて多忙な日は、1日数時間程度の残業をしなければならないこともあります。

また、アパレル店員は販売をするだけではなく、商品の欠品をチェックしたり、商品を補充したりする仕事もあるため、業務量が多い店舗では残業が続くケースもあります。

そのほか、スタッフの急な病気などがあれば、休日に代わりの出勤を頼まれることもあるようです。

仕事体験談