アパレル店員に必要なもの

商品知識とファッションに関するあらゆることの理解

アパレル店員は、お客さまにさまざまなことを聞かれます。

お薦めのコーディネートや、そのシーズンのファッションの流行、あるいは洋服のタグに付いている洗濯表示の説明を求められたり、サイズやカラー展開について尋ねられることもしょっちゅうです。

こうした質問にいちいち「ちょっとわからないので調べてきます」と答えていては、お客さまは不安になりますし、急いでいる方は「やっぱりいいです」と店を立ち去ってしまうかもしれません。

アパレルショップではシーズンごとに多数の新商品が入荷しますが、アパレル店員は商品一つひとつの特徴を覚えるのはもちろん、ファッション業界全体の流れやトレンドに敏感である必要があります。

プロの接客をするには、裏で必死の勉強が欠かせないのです。

接客技術を磨き続ける心

アパレル企業にとっては「売り場」こそが自社の顔。いくら魅力的なファッションアイテムを仕入れても、商品を棚へ無造作に置いていあるだけで売れるものではありません。

商品知識やセンスを武器に、お客さまとの会話の中で商品を提案。そのようなアパレル店員の後押しがあってこそ、お客さまは「買ってみようかな」という気持ちになれます。

アパレル店員の担う役割と責任は、アパレル企業にとって自社の経営に直結する非常に大きなものとなります。

最近はアパレル店員の接客レベルを向上させるため、接客技術を競う「接客コンテスト」を開催する企業もあります。

しかし、ただ売上追求だけを目的に仕事をしていては、お客さまにその心を見透かされてしまうもの。常にお客さまのことを思い、仕事に情熱を持って、接客技術を磨いていくことが大切です。

美意識

アパレル店員は、決して美男美女でなければ務まらない仕事ではありません。

一部の高級ブランドでは容姿端麗であることを望むところもあるものの、生まれつきの顔よりも「人にどう見られるか?」を意識することのほうがよほど大事です。

ファッション感度の高いアパレル店員に憧れているお客さまは多数います。もしアパレル店員の身だしなみがボロボロであったら、お客さまはその店で服を買いたいとは思えなくなるものです。

ショップによって服のテイストや雰囲気は異なりますが、自分なりの美意識とプライドを持って売り場に立つことが求められます。

仕事体験談