アパレル店員のキャリアアップ

アルバイトや契約社員から正社員へ

アパレル店員は、未経験者の正社員募集がさほど多くありません。アルバイトあるいは契約社員としてスタートし、頑張りが認められると正社員へと登用されるといったケースが一般的です。

正社員になるまでの期間は、短ければ1年、平均では2〜3年は働いてからということが多いようです。

しかし、誰もが必ず正社員になれるというわけではありません。

与えられる仕事を淡々とこなすだけではなく、率先してお店を良くするために動いたり、積極的に意見を提案したり、先輩のフォローや気遣いができるような人は、上からも目を留めてもらいやすいでしょう。

もちろん、売上に貢献することも重要です。

別の職種に就く人や独立を果たす人も

いち店員として一定期間の経験を積んだのちは、副店長や店長へとステップアップする道が一般的です。店員時代は自分の売上だけを考えていればよくても、副店長や店長になればそうはいきません。

本社の指導を受け、店舗としての売上目標を立てたり、部下を育成するマネジメントの役割も担います。

その後のキャリアは人によってまちまちです。そのままずっと店長を続ける人もいれば、多店舗展開する大手アパレル企業の場合は、地域の店舗を統括するエリアマネジャーになる人もいます。

また、アパレル店員の中でも憧れる人が多いのがプレスやバイヤーの仕事。

プレスは主に広報や販促を手掛け、たとえば雑誌などのマスコミ取材に対応したり、自社のトレンド情報を関係各所に知らせたりと、ブランドイメージを形作る役割を担います。

一方のバイヤーは、仕入れ担当として全国を飛び回り、お客さまのニーズがあるものやこれから流行りそうなものを買い付ける仕事です。流行に対する感度やセンス、先を読む力などがおおいに問われます。
バイヤーの仕事

このようにさまざまな職種を経験することで、独立して自分のブランドを立ち上げたり、ショップを経営する人も中にはいます。

仕事体験談