アパレル店員が勉強すること

なるために特別な勉強は必要ない

アパレル店員は、なるために何か特別な勉強をしなくてはならないという職業ではありません。

服飾系の専門学校を出てからアパレル系企業へ就職する人もいますが、店員の場合、まったくの未経験からスタートし、現場でお客さまと接しながらスキルアップしていくケースもよくあります。

とくに資格も求められないため、仕事を始めてから一生懸命目の前のことに取り組んでいれば問題ないと考えておいてよいでしょう。

勉強しておくと役立つ知識

カラーコーディネート

とはいえ、いざアパレル店員として働き始めてみると、「この知識を持っていれば業務に役立つ」と感じることもあるものです。

たとえば、色彩やカラーコーディネートの知識については、ファッションに携わるうえで大いに役立ちます。

お客さまに似合う色をオススメすることもできますし、トップスとボトムスの組み合わせを考える際にも知識を生かせるでしょう。

素材・お直しについて

洋服の素材はさまざまであり、その特性について理解しておくと、お客さまへの提案の幅が広がります。

また、ショップによっては採寸やお直しを行うため、その技術を学ぶ必要もあります。

接客技術

マナーやお客さまへの声かけ方法、おもてなしの心などを学びます。

店舗によってはスタッフ同士で接客のロールプレを行い、接客技術の向上に努めます。

語学

外国のお客さまが多く来店されるショップやブランドで働く場合は、店員にも簡単な日常会話程度の語学力が求められてきます。

ファッションやトレンドへの関心も重要

このほか、特別な勉強というわけではありませんが、日頃からファッションについての情報を集めたり、トレンドに興味を持って自分なりに考察したりすることは、アパレル店員としての知識を深めたり魅力を高めることにつながります。

ファッションへの探究心を持つことが、アパレル店員にとっては何より大切なことといえるかもしれません。

仕事体験談