アルバイトのアパレル店員

アルバイトとして働く人も多数

アパレル店員は、アルバイトの求人も多く出ているため、若い人でも働きやすい仕事だといえるでしょう。

ブランドやショップによって異なりますが、学歴は「高卒以上であればOK」というところもあり、専門学校や大学に通いながらアパレル店員のアルバイトをする人もいるようです。

アパレル店員のアルバイトの求人は、一般のアルバイト求人サイトやアパレル専門の求人サイト、あるいは店舗の張り紙やWebサイトなどによく掲載されています。

アルバイトとしての仕事内容

アルバイトのアパレル店員の具体的な業務内容は接客やレジ打ちのほか、商品管理や陳列、整頓、タグ付け、掃除などがあります。

社員のスタッフと同じような業務を任されることもあれば、未経験の場合はサポート的な業務からスタートすることもあります。

たとえアルバイトであっても、アパレル店員として店頭に立つ以上は、プロの販売員としてお客さまに接することが求められます。

お客さまから商品について質問されたり、コーディネートについて相談を受けることもあるため、商品のことをよく理解し、できるだけファッションの知識を深めることも大切です。

アルバイトとして働く魅力

アパレル店員になると、たいてい自社ブランドの商品を社員割引で買うことができます。

好きなブランドを扱うショップで働けば、通常よりもだいぶ安く洋服を飼うことができ、そこに魅力を感じてアパレル店員のアルバイトを始める人もよくいます。

また、流行に敏感になることができたり、最新のファッションに囲まれて働けることも、洋服好きな人にとっては大きな魅力だといえるでしょう。

さらに、接客業を経験することで社会人になる前にマナーを身につけて、コミュニケーション能力を高めることもできます。

仕事の苦労

アパレル店員は、基本的に立ち仕事となります。

商品の搬入や陳列など意外と体力を要する仕事もあり、いざ仕事をしてみると、見た目ほど華やかなではないと感じるかもしれません。

セール期間中はひっきりなしにたくさんのお客さまが来店され、かなりの忙しさになり、声が枯れてしまうようなこともあります。

また、店舗によっては自分で洋服代を負担して自社ブランドのアイテムを購入し、着用しなくてはならないこともあります。