アナウンサーの役割

情報を正確に伝えること

アナウンサーは情報番組、バラエティ、天気予報などさまざまな番組に出演しますが、いずれの場合でもその一番の役割は、「情報を正確に視聴者に伝えること」です。

この「情報」とは事件や事故のこともあれば、スポーツの試合、芸術家の活動、各地方の取り組み…などさまざまで、ありとあらゆることが「情報」になります。情報を正確に、わかりやすく伝えるためには、アナウンスに必要な発声技術や表現力を高めるのはもちろん、幅広い知識を持っていることが大切です。

番組の企画に携わることも

アナウンサーの仕事は、原稿を読んだり司会進行を務めたりといったイメージがあるかもしれませんが、自ら番組の企画や取材に携わることもあります。「アナウンサー」という肩書きはあるものの、番組制作に関わる一人という気持ちで仕事に取り組んでいます。

場の“雰囲気づくり”も大切な役目

また、アナウンサーはタレントなどの「共演者」と一緒に番組に出ることが多々あります。共演者の意見をまとめたり、コメントしやすいような“振り”を入れたりすることで、番組がスムーズに進行します。

そのためには、台本にはない「間」や「場の雰囲気」を読まなければならなかったりと、各アナウンサーの経験値や能力によるところも大きいのが実情です。しかし、共演者やスタッフに「一緒に仕事がしやすいアナウンサー」と思ってもらえると、信頼を得ていくことができるでしょう。