アナウンサーからの転職

転職する人は多い?

アナウンサーは昔から非常に人気の高い職業であり、テレビ局によっては採用試験の倍率が「何千倍」という結果になることもあります。

乗り越えるべき壁が高いだけに、見事アナウンサーになれた人は自信と誇りを持って仕事に向かうことができますが、中にはアナウンサーとしてしばらく働いたのち、別の職業へと転職する人もいるようです。

たとえば、元フジテレビの人気アナウンサーであった菊間千乃さんは、2007年にフジテレビを退社後、2010年には新司法試験に合格して弁護士へと転身しています。

フジテレビへの入社が1995年ですから、実に12年ほど働いて転職したことになります。

また、同じく元フジテレビの大橋マキさんは、病気などの影響もあって同社を2年で退社後、アロマセラピストとして活躍しています。

そのほか、アナウンサー出身者で政治家になる人も比較的目立ちます。

ただし、全体的に見れば局のアナウンサーからフリーランスのアナウンサーへと転身する人はいても、まったく異業種に就く人はそこまで多くありません。

アナウンサーのスキルが生かせる仕事

アナウンサーとして培ったスキルは、他のさまざまな仕事にも生かせます。

たとえば「人に何かを伝える」という点でいえば、記者、女優・俳優、気象予報士、キャスター、あるいはホテルでの接客やアパレルショップなどにおける販売の仕事が挙げられます。

また、アナウンサーは見た目に気を付けている人が多いため、丁寧な応対や優雅な身のこなしが求められる企業の受付や秘書、キャビンアテンダントなども転職先として考えられるでしょう。

アナウンサーの世界は競争が厳しく、激務として知られているため、転職する際には「前職がアナウンサーならガッツがあるはず」と、プラスに評価されることも多いようです。