アナウンサーへの転職

アナウンサーは中途採用も比較的多い

「意外」と思うかもしれませんが、アナウンサーの世界では中途採用も比較的多く見られます。

つまり、すでに社会人経験を持つ人が、あるとき「これからアナウンサーになりたい!」と思ったとしても、その夢を現実にすることは十分に可能ということです。

ですが、そもそもアナウンサーは非常に競争が厳しく、採用試験では100倍を超える競争率になることも珍しくはありません。

また、誰もがほぼ真っ白のところからスタートする新卒採用とは異なり、中途採用の場合、異業種から転職を考える人だけでなく、すでにアナウンサー経験を持つ人が他社(別の局)への転職を考えるケースもあります。

ですから、未経験者が中途採用を受けるのであれば、新卒採用以上の厳しさを乗り越える努力や覚悟が必要になるともいえます。

アナウンサーへの転職を目指す人の前職としては、客室乗務員(CA)、ホテルスタッフ、モデルなど、多数の人と接する仕事かつ、比較的華やかなイメージのものが多いようです。

しかし、メーカーなどで事務職や営業職に就いていた人もいますし、意欲さえあればどのような人でもアナウンサーを目指すことは可能です。

求人情報はどう見つける?

アナウンサーの中途採用は、局によって状況が異なります。年によって中途採用をまったく行わない局もありますし、新卒と同じタイミングで募集をかける局も存在します。

地方のテレビ局の場合、人員が不足すると不定期に求人募集を行うことが多いようです。こまめにホームページを見て、情報をチェックすることが必要といえるでしょう。

ちなみに、中途採用の場合、年齢制限されることはあまり多くありません。

また、アナウンススクールには採用に関する情報がまとめて入ってきやすいため、楽に情報が入手できるという点では有利になるでしょう。

身近に現役アナウンサーがいたり、アナウンサーになるためのトレーニングを積める環境があるということでない限り、一度はスクールに通って正しく訓練を積んでおいたほうがよいかもしれません。

なお、未経験者で中途入社した場合、雇用形態は契約社員となる場合も多いです。

契約社員は約1年ごとに契約を更新しますが、「実力がある」と認められれば正社員になれる可能性もあります。