アナウンサーになるには

テレビ局、ラジオ局への就職が基本

アナウンサーの活躍の場の中心は、テレビ局かラジオ局になります。そのため、まずはこれらの企業に就職しなければなりません。

アナウンサーは、その特殊な仕事柄「正社員」として採用している局がほとんどで、試験を受けるためには四年制大学もしくは短期大学卒業見込み以上の学歴が必要です。

将来必ずアナウンサーになりたいという目標があるのならば、四年制大学に通うほうがチャンスが広がります。学部はさほど問われませんが、できれば難関大学に通っていたほうが良いでしょう。

アナウンサーの就職試験を突破するために

各テレビ局では、一般職(制作や管理など)や技術職(カメラマンなど)と分けて、アナウンサー職の募集をしています。そのため、アナウンサー職にエントリーするのは、基本的にアナウンサーを目指している人だけ。

ほとんどのアナウンサー志望者は、キー局だけでなく全国の地方局もたくさん受けますが、キー局ともなれば倍率は1000倍以上にのぼることも多々あります。

アナウンサーになるためには、専門の学校に通うなどをして発声技術などを身につける必要があります。また、もし採用試験に不合格だった場合、わざわざ大学を留年して翌年また「新卒」の資格を持って挑戦する人もいるほど人気のある仕事です。

これだけのことをしても、アナウンサーになれる人はごくわずか。相当な努力と「絶対にアナウンサーを目指す」という強い気持ちが必要です。

“コネ”は有利になる?

アナウンサーをはじめ、マスコミ関連の就職の際に必ず流れるのが、「コネがあると有利」という噂です。全国にテレビ局やラジオ局は多数あるので、それぞれの実態がどうなっているか正確なことは言えませんが、一切のコネ無しで合格した人は大勢います。

万が一何かしらのコネがあったとしても、アナウンサーはカメラの前に立ち、自分の声を使う仕事です。実力は仕事をすればわかってしまうので、その人自身に魅力や適正がなければ、長く仕事を続けていくことは難しいといえます。