アナウンサーの大変なこと、つらいこと、苦労

日々の積み重ねが必要

テレビやラジオに出るアナウンサーは、一見とても華やかな存在に見えます。しかし、その裏ではコツコツとした努力の積み重ねが必要になります。「ただ読むだけ」に思える原稿も、正確に、ハッキリとわかりやすく読むためには、相当の訓練を要します。

また、世の中の動きや一般常識なども理解していなければならないので、日々の勉強が欠かせません。地味な努力の積み重ねがなければ、やっていくことができない仕事なのです。

不規則な生活

アナウンサーはどうしても不規則な生活になりがちです。早朝の報道番組を担当するとなれば、毎日夜中の3時には出勤する必要がありますし、深夜の収録が入ることもあります。また担当番組が変われば勤務時間帯も変わるため、それに上手く体を順応させなければなりません。

休日も仕事によって変化するので、「仕事よりプライベート」と考える人には、なかなか厳しい仕事だと言えるでしょう。

プレッシャーが大きい

アナウンサーは不特定多数の人から見られる仕事です。上手くいけばお褒めの言葉をもらえることもありますが、逆に失敗をしたり品のない態度をとってしまったりすると、視聴者からクレームが入る可能性もあります。

常に「自分は見られている」という自覚を持っていなければならないので、それがときにプレッシャーになることもあるでしょう。

ただし、「アナウンサーとはそのような仕事なのだ」という気持ちを持っていれば、そう大きなストレスになることもなくやっていけるはずです。