アナウンサーの勤務時間・休日

早朝のニュースやお昼のワイドショー、夜遅くのバラエティ番組など、テレビやラジオをつければ朝から晩までさまざまなアナウンサーが活躍しています。アナウンサーの仕事は、いったいどのような勤務時間になっているのでしょうか?

局勤務のアナウンサー

テレビ局やラジオ局勤務の場合は、一般の会社員と同様にその会社(局)が定めている勤務時間に沿って働きます。普通は1日8時間勤務となっており、それを過ぎれば「残業」としてみなされます。

ただし、アナウンサーの仕事で特徴的なのは、「何時から何時まで働くか?」ということが、人によってバラバラだということ。たとえば、早朝のニュース番組を担当する場合は深夜3時ごろにスタジオ入りし、番組の放送が終わってお昼前には帰宅します。

ただし、特別番組の収録入っている際などは、残業や出張(地方ロケ)をすることもあります。担当番組が変われば勤務時間帯も変わる。これが、アナウンサーの仕事の特徴のひとつです。

フリーランスのアナウンサー

フリーランスのアナウンサーの場合も、基本的には自分が担当する番組に合わせて勤務時間帯が決定します。しかし、局勤務のアナウンサーよりは、多少自分でスケジュールをコントロールしやすいといえるでしょう。

一方では各局から引っ張りだこになり、休む暇もないほど働いている人もいます。

休日

局勤務のアナウンサーは、週休2日制をとっているところがほとんどです。しかし、土日祝日に休みがとれるかといえば、そうとも限りません。

たとえばスポーツ番組担当のアナウンサーでは、土日にスポーツ中継があることが多いので、休みは平日が基本。逆に、平日(月曜〜金曜)の生放送番組だけを担当していれば、土日に休むことも可能です。

長期休暇も基本的にはとれますが、自分が休むと「穴」が開いてしまうため、そのときに人員が足りているかなどの状況によります。頻繁の長期休暇はどうしてもとりづらいようです。