アナウンサーは激務?

担当番組によって生活スタイルが異なる

テレビをはじめ、マスコミ業界の仕事はよく「激務だ」といわれます。アナウンサーに関していえば、一概にはいえないものの、やはり多忙な日々を送ることになりがちです。

一般的に、テレビ局やラジオ局に所属するアナウンサーは、自分の担当番組を持っています。

それは日中のワイドショーという場合もあれば、早朝のニュース番組を担当したり、あるいは深夜の情報番組を任されることもあります。

もし早朝の番組を担当することになれば、深夜の2時から3時くらいに出社することになりますし、逆に夜遅くにスタートする番組を担当する場合は、夕方以降の出社ということもあり得ます。

早朝番組を担当していた人が、急に別の時間帯の番組を担当を命じられるようなこともありますが、そうなるとまた一から生活リズムを立て直さなくてはなりません。

また、アナウンサーの仕事は、決まった時間に流れる生放送だけではありません。合間をぬって単発で放送される番組の収録に臨むこともありますし、遠くまで取材に出てスポーツ番組等の実況を行うこともあります。

人によって生活スタイルは異なりますが、状況によっては朝も晩も関係なく仕事をしたり、休日が不規則になるケースもあります。

こういった点を考えていくと、やはり激務といえる部類の仕事に入るでしょう。

人気のあるアナウンサーほど忙しい

人気が出れば出るほど激務になるというのも、アナウンサーの仕事の特徴です。

民放キー局の女子アナウンサーとなれば、視聴率をとるために多くの番組に起用され、平均睡眠時間は3〜4時間で、泊まり込みで仕事をするということもあるようです。

しかし、アナウンサーは人前に立つ花形職業。あまりに寝不足が続いて顔がやつれてしまったり、体調を崩してしまうことだけは気を付けなくてはなりません。

風邪をひいて声が出ないなんていうことになれば、その日はもう仕事になりません。

多忙な中でも自己管理を徹底しなければならないというのは、アナウンサーの苦労のひとつです。