アナウンサーのトレーニング・訓練

アナウンサーは、言葉を使って多くの人々に情報を届ける仕事です。原稿をそのまま「読む」だけでなく、きちんと「伝える」ことができなければ、アナウンサーとしての役割を果たすことはできません。

野球選手が毎日素振りや走り込みなどのトレーニングを行うように、アナウンサーも、普段から発声や言葉遣いなどのトレーニングをすることが求められます。

ここでは、アナウンサーに必須といえるトレーニングの一部をご紹介します。アナウンサー志望の人はもちろん、現役のアナウンサーたちも日々これらのトレーニングを継続して行っています。

滑舌を良くするトレーニング

一つひとつの言葉をハッキリと発音するためには、滑舌を良くするトレーニングが有効です。トレーニング方法にはいわゆる「早口言葉」があり、以下のようなものが有名です。

・赤パジャマ青パジャマ黄パジャマ
・スモモも桃も桃のうち 桃もスモモも桃のうち
・東京特許許可局

これらを連続で何度も繰り返します。最初からスピードを上げて発音するのはとても難しいため、まずはゆっくりから、少しずつスピードを上げていくとよいでしょう。

腹式呼吸のトレーニング

アナウンサーの声は、基本的に「よく通る」声であるべきです。ボソボソと何を言っているかわからないような声では、マイクを使ったときに、とても聞きづらいものになってしまうからです。

よく通る声を出すためには、発声練習が欠かせません。お腹からしっかりと声を出すイメージで、歌の練習と同じような腹式呼吸のトレーニングをすることが大切です。

きちんとお腹を動かして息を吸う意識をしていると、最初は横隔膜の辺りが筋肉痛になるかもしれません。

表現の練習

相手に「伝える」ためには、声を使った表現力を磨く必要もあります。そのために、できるだけ感情を込めて本を音読してみたり、人によっては演技のレッスンを受けていることもあるそうです。

ただし、いくらトレーニングを行ったとしても、人に伝わる「話し方」ができているかどうかは、自分ではなかなかわかりづらいものです。

積極的に他人に聞いてもらい、意見をもらうとよいでしょう。

何からやればいのかわからないという人や、プロの目線での客観的なアドバイスがほしいという人は、アナウンサー向けの「話し方トレーニング」などの講座を受けてみるのもオススメです。