あん摩マッサージ指圧師の役割

手技によって、人の身体の調子を整える

国家資格であり、医療や健康に関わる職業の一つとしても認知されている「あん摩マッサージ指圧師」ですが、本来「あん摩」「マッサージ」「指圧」は、それぞれ異なる意味を持っています。

あん摩

東洋医学の基本理念に基づき、気血の流れをよくして疾病を治癒に導く施術方法。発祥は古代中国。

マッサージ

皮膚に対して直接手技を加え、血流の改善を行う施術方法。発祥はヨーロッパ。

指圧

東洋・西洋医学の概念を併せて作られ、人間に備わっている自然治癒力を高めるための施術方法。発祥は日本。

あん摩マッサージ指圧師は、これらの各手技(なでる・押す・揉む・叩くあらゆる行為)を用いて、人の身体の調子を整えたり、改善に導いていったりします。

基本的に器具は使用せず、すべて手を用いて施術することになります。

独立開業することができる仕事

あん摩マッサージ指圧師の治療は、「リラクゼーション」や「癒し」を目的にしているばかりではありません。

たとえば、「指定の疾患であること」等の条件をクリアしていれば保険取り扱いの対象となりますし、病院などの医療現場においても、身に付けた知識やスキルを生かすことができます。

独立した判断で人にマッサージを行えるのは、医師のほかには、あん摩マッサージ指圧師のみとされています。

また、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を持っている場合、医師や歯科医師などと同様に、開業することも可能です。

開業し、成功すれば大幅な収入アップも期待できるため、まずは病院や治療院などで確かな経験を積み、将来の独立を目指す人も少なくありません。

他の国家資格や技術を併せて働くことも可能

あん摩マッサージ指圧師として働く人は、同時に「はり師」「きゅう師」の国家資格を取得していることも多いです。

その場合、患者の体調や症状に応じて、針やお灸を利用した治療を行うことが可能になります。

また、あん摩マッサージ指圧師の治療方法そのものは東洋医学に基づいていますが、最近では西洋医学と組み合わせることによって、人々の健康増進に生かそうという動きも出てきています。