介護業界で働くあん摩マッサージ指圧師

多様な領域で活躍できる仕事

あん摩マッサージ指圧師は、実に多様な領域で活躍しています。

たとえば、病院を中心とする医療機関に勤めるほか、個人経営のマッサージ店や治療院への勤務、スポーツトレーナーとしてプロスポーツ選手のマッサージを専門に行う人、あるいは美容関連の治療院で働く人や、自ら開業して経営しながらスキルを生かしている人もいます。

さらにもう一つ、あん摩マッサージ指圧師の活躍の場として、近年注目を集めている領域が「介護業界」です。

ここでは、介護業界で働くあん摩マッサージ指圧師の具体的な役割と、仕事内容について紹介していきましょう。

ケアマネジャー(介護支援専門員)になる

あん摩マッサージ指圧師は、5年以上の実務経験を積むことで「ケアマネジャー(介護支援専門員)」の受験資格を得ることが可能です。

ケアマネジャーとは、要介護認定を受けた高齢者に対し、介護保険制度に基づく適切な介護サービスが受けられるように支援を行う仕事です。

ケアマネジャーの仕事

あん摩マッサージ指圧師がケアマネージャーを兼任すれば、患者さんに手技で治療を行うことに加え、介護制度の適切な情報提供を行うことが可能になります。

職域が広がるということは、収入面の向上にもつながる可能性があります。

機能訓練指導員になる

さらに、あん摩マッサージ指圧師は、デイサービスにおける「機能訓練指導員」として働くことも可能です。

機能訓練指導員とは、養護老人ホームや特別養護老人ホーム等の「通所介護事業所」に、必ず一人以上設置することが義務付けられている職種です。

あん摩マッサージ指圧師以外には、准看護師、作業療法士、柔道整復師、言語聴覚士、理学療法士が機能訓練指導員として認められています。

あん摩マッサージ指圧師が機能訓練指導員を兼任すれば、高齢者に対して自立支援のための筋力増強訓練や、運動療法などの機能訓練を行うことができます。

介護業界未経験者の採用も増えている

この先、高齢化社会が進むとされてる日本において、介護業界で働くあん摩マッサージ指圧師の需要は、さらに高まっていくことが予想されます。

実際、各介護施設では入所者の増大にともなって、介護業界未経験者であっても積極的にあん摩マッサージ指圧師を採用する施設が増えているようです。

あん摩マッサージ指圧師に対する社会の期待が高まっている今、「これから手に職を付け、あん摩マッサージ指圧師として働いていきたい」と夢見ている人には、チャンスといえるかもしれません。