あん摩マッサージ指圧師の需要

医療やスポーツの領域でも活躍

あん摩マッサージ指圧師は、同じ東洋医学に基づく治療を行う鍼灸師などと同じく開業をして働く人もいれば、治療院に勤務している人もいます。

病院などの医療機関でも求められており、このところは訪問リハビリマッサージなど、在宅医療の現場でも需要が高まっているようです。

また、あん摩マッサージ指圧師は、医学の基礎や身体のしくみを深く理解していることから、スポーツトレーナーとして活躍することも可能です。

スポーツトレーナーの仕事

指圧やマッサージには、筋肉のこりや蓄積された疲労を取り除く効果があるとされているため、スポーツ選手のコンディション調整やケガ予防のために力を発揮することができます。

介護保険制度のなかでも活躍の場がある

あん摩マッサージ指圧師は、近年、介護の現場でも活躍の場を広げています。

高齢化が進むなか、特別養護老人ホームやデイサービスの利用者が増えていますが、そのような「通所介護事業所」と呼ばれる施設には必ず一人以上「機能訓練指導員」という職員を置くことが義務付けられています。

あん摩マッサージ指圧師は、「准看護師」「作業療法士」「柔道整復師」「言語聴覚士」「理学療法士」とならんで機能訓練指導員になることが認められているため、機能訓練指導員とあん摩マッサージ指圧師としての役割を兼任して働く人が増えています。

さらに、5年以上の実務経験を積めば「ケアマネジャー(介護支援専門員)」の受験資格を得ることもできます。

ケアマネジャーの仕事

介護業界で活躍するあん摩マッサージ指圧師は、今後も増えていくものと考えられます。

複数の国家資格を取得していると働きやすい

このように、あん摩マッサージ指圧師は多岐にわたる領域で需要がありますが、いざ就職といったことを考えると、求人はさほど多いわけではなく、厳しさを実感する人も多いようです。

あん摩マッサージ指圧師の国家資格だけで勝負するよりも、鍼灸師や柔道整復師といった国家資格を併せて持っておくと、提供できる施術内容の幅が広がり、就職の際に有利になるといわれています。

あん摩マッサージ指圧師養成学校のなかには、複数の資格の同時取得を目指せるところもあるため、検討してみるとよいでしょう。