あん摩マッサージ指圧師の一日

あん摩マッサージ指圧師は、病院や診療所、治療院、マッサージ店、介護施設、さらにはスポーツや美容関連施設など、多様な場所で活躍しています。

職場ごとに勤務時間や業務内容は異なる場合がありますが、ここでは、あん摩マッサージ指圧師の代表的な就職先となる治療院で働くあん摩マッサージ指圧師の、ある1日の様子を紹介します。

街の治療院で働くあん摩マッサージ指圧師のある1日

8:15 出勤

出勤すると、まずは制服に着替えます。ここでは数人のあん摩マッサージ指圧師が働いています。

他のスタッフにも挨拶をし、院内の清掃やベッドの消毒を念入りに行います。

8:45 朝礼

スタッフ全員でミーティングを行います。明るい笑顔で患者さんをお迎えできるように、しっかりと声出しも行います。

9:00 診療開始

診療開始時刻になると同時に、患者さんが来院。まずは「おはようございます!」と元気な挨拶が大切です。

再来の方には経過を伺いながら、初診の方には問診をしっかりと行い、身体の様子を確認しながら治療をスタート。

平日の午前中は、年配や主婦の患者さんが中心です。

12:30 午前の診療終了

患者さんが多い日は、午前の受付時間終了後も治療が続くことがあります。

患者さんを全員お見送りしてから、スタッフも昼休憩に入ります。

15:00 診療開始

午後の診療が開始となります。夕方になるにつれて学校帰りの学生や、社会人の患者さんも来院されます。

治療の合間には、電話で患者さんから症状に関する相談を受けることもあります。

18:00 午後の診療終了

ここは住宅地の治療院なので、夜遅くまでは診療していません。

地域密着でアットホームな雰囲気を大事にしてろい、患者さん一人ひとりの顔と名前をしっかりと覚え、信頼関係を築いています。

18:30 片付け・清掃

翌日も患者さんに気持ちよく、安心して来院していただくために、1日の終わりには必ず片付けと清掃をします。

最後に全体で「お疲れさまです」と声をかけあって、その日の業務は終わりです。

19:00 帰宅

患者さんが多い日は少し残業になる場合もありますが、長時間の残業はありません。

独立すればさらに多様な働き方が可能

あん摩マッサージ指圧師は、総合病院や個人の治療院などに就職して勤務するばかりでなく、独立して働く人もいます。

たとえば、自分で治療院を開業したり、予約制の出張マッサージを行ったり、スポーツや美容専門のあん摩マッサージ指圧師として個人で活躍する人もいます。

独立するとなれば、1日の過ごし方や勤務時間は、人によってさらに大きく異なってくるといえます。