派遣のあん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師の派遣とは

あん摩マッサージ指圧師は、介護施設やデイサービスなどの施設において、「派遣」として働くこともできる職業です。

派遣で仕事をするためには、まず介護・医療関連職種を扱う派遣会社などを見つけ、自分の経歴などを説明し、人材登録を行う必要があります。

派遣で働く場合、治療院などに就職してフルタイムで働く場合と異なり、希望する時間や曜日だけ働くことができるというメリットがあります。

また、派遣会社から仕事の紹介を受けると、勤務条件などをしっかりと見極めたうえで仕事をスタートすることができるため、経験の浅い人には安心感があるでしょう。

「短時間だけ働きたい」「子育てと両立させたい」といった人が、派遣を利用するケースも多いようです。

治療をするには国家資格が必須

しかし、気を付けなければならないのは「あん摩マッサージ指圧師として患者さんに治療を行うためには、国家資格が必要である」という点です。

過去には、無資格のマッサージ師を全国の健康ランドやホテルに派遣し、マッサージをさせたとされる派遣会社が逮捕されるという事件がありました。

仕事としてマッサージができるのは、「医師」あるいは「あん摩マッサージ指圧師」のみ。どれだけマッサージが上手であっても、無資格でマッサージの仕事を行うことは法で禁じられています。

あん摩マッサージ師の国家資格を取得するには、特定の学校で3年以上の専門教育を受け、国家試験に合格しなければなりません。

「派遣」というと手軽に働けるイメージがあるかもしれませんが、どのような雇用形態であっても、マッサージの仕事ができるのはきちんと時間をかけて勉強し、基礎的な力を身に付けた人だけとなっているのです。

こうしたことから、派遣のあん摩マッサージ指圧師の給料は、平均して時給1,000円〜2,000円程度と比較的高めに設定されています。

実力や経験がある人は、さらに多くの時給を得られることもあるようです。