あん摩マッサージ指圧師と柔道整復師の違い

柔道整復師とは何か

柔道整復師とは、骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲など症状に対し、外科のような手術を行わず、人間の治癒力を利用して治療する仕事です。

「ほねつぎ」や「接骨師」と呼ばれることもあり、主に「接骨院」や「整骨院」で働いています。

柔道整復師は基本的に、目で見る「視診」と、患部に触れる「触診」を通して損傷の状態を把握し、適切な治療を行っていきます。

その治療方法は、理学療法や運動療法、テープ療法などさまざまありますが、大きな特徴としては、まず「投薬や手術を行わないこと」、もうひとつは「人間が持つ治癒力を利用する、東洋医学の考え方に基づいていること」です。

柔道整復師の仕事

どちらの仕事も国家資格

「あん摩マッサージ指圧師」と「柔道整復師」は、どちらも国家資格です。これらの仕事に就くためには、特定の学校で3年以上知識と技術を学び、国家資格に合格しなければなりません。

また、いずれも投薬や外科的な処置は行わず、東洋医学に基づく考え方で治療を行うという点も共通しています。

ここまで見ていると、両者にはあまり違いがないように思うかもしれませんが、実際のところ、あん摩マッサージ指圧師と柔道整復師では、行う治療内容も役割も異なっています。

あん摩マッサージ指圧師は、その名の通り「あん摩」「マッサージ」「指圧」の3種類の技法を組み合わせ、人の健康を増進させます。

具体的には、衣服の上からなでる、押す、揉む、叩く(あん摩)、血液やリンパ液の循環を改善させる(マッサージ)、全身にあるツボを押す(指圧)ことによって、人の自然治癒力を高めながら症状を改善に結びつけていきます。

一方、柔道整復師は骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷といった運動器の損傷に対し、自然治癒力を高めながら治療を行います。

治療の目的は、基本的に「損傷からのリハビリや回復など」となっており、主に「生活習慣による肩こりや腰痛、その他の疾病などを改善させる」あん摩マッサージ指圧師の治療とは、違いがあるといえます。

マッサージができるのはあん摩マッサージ指圧師

もう一点、両者の違いとなる面があります。

それは、医師の指示なく「マッサージ」が行えるのは、あん摩マッサージ指圧師のみであることです。

柔道整復師の場合、急性外傷に対するアフターケアとして手技を使うことは認められていますが、肩こりなどの慢性疾患の改善のためにマッサージを行うことは、本来認められていません。

このように、両者の仕事内容には違いがありますが、高齢化社会が進み健康ブームも続く現代では、どちらの職業も人気が高まっています。

両者とも、医師や歯科医師と同様に「開業権」があるため、経験を積めば独立開業できるという点も、その人気を後押ししているようです。