アルバイトのあん摩マッサージ指圧師

アルバイトでも国家資格が必要

あん摩マッサージ指圧師は、治療院や病院、介護福祉施設、スポーツ施設、美容関連施設といった多様な場所で働いていますが、そこには正社員としてではなく「アルバイト」として働く人もいます。

ただし、あん摩マッサージ指圧師は国家資格になります。つまり、あん摩マッサージ指圧師として患者さんに治療を行うためには、いくらアルバイトといえども国家資格を持っていなくてはならないのです。

そのため、あん摩マッサージ指圧師のアルバイトは、たとえばコンビニやスーパーのレジ打ちのような一般的なそれよりも、だいぶ敷居が高いといえます。

あん摩マッサージ指圧師のアルバイトの時給が1,000円〜2,000円程度と、他のアルバイトより高めに設定されている場合が多い理由の一つも、この「専門性を要するところ」にあるといえるでしょう。

なお、治療院等があん摩マッサージ指圧師の無資格者、未経験者を採用することもありますが、その場合は受付業務やマッサージ師の補佐業務となり、自分自身で治療を行うことはありません。

アルバイトの仕事内容

あん摩マッサージ指圧師のアルバイトでは、正社員と同様の仕事を任されるケースがほとんどです。一人のアルバイト(有資格者)が責任を持って患者さんと接し、治療を行っていきます。

なお、アルバイトの給料は「時給制」が基本になっていますが、資格を取得し、自ら治療を行う場合は「完全出来高制」がとられることもあります。

そうなると、自分が治療を行う患者さんの数が増えれば増えるほど、たくさんの収入を得ることができます。

街の治療院やマッサージ店は小規模のところも多いため、正社員ではなく、あえてアルバイト中心に雇うケースも多いようです。

しかし、患者さんからの信頼と実力を身に付ければ、アルバイトからでも独立し、開業に至ることができます。

アルバイトとして働く場合は、正社員とはボーナスの支給や福利厚生といった待遇面で差が出ることもありますが、雇用形態以上に個々の実力が重視される仕事だといえるでしょう。