アニメーターの職種

多くの人の力で作られるアニメ

私たちが見る映画やテレビのアニメは、たくさんの人たちの力を結集して作られています。

これは「スタッフワーク」と呼んだりもしますが、たとえば演劇の世界のように、実際に役を演じる役者の裏には音響や照明、小道具担当などがいて現場を仕切っていく監督もいる…といったように、みんなで役割分担をしているのと同じことです。

限られた時間とコストで1つの作品を作るには、分業したほうが効率がよく、完成度も高まるのです。

アニメーション制作の場でも、プロデューサー、演出家、シナリオライター、美術監督、声優…と、それぞれの役割に応じたプロが集まっており、そのうち画面に映るキャラクターや背景などの絵を描く作業を担うのがアニメーターです。

原画マンと動画マン

アニメーターは、「原画」や「動画」といわれる絵を描いていきます。原画は、アニメーションの動きの中でポイントとなる絵。動画は、原画と原画の間を埋めて、アニメーションとして自然に見えるようにするための絵です。

原画と動画では担当者が分かれており、原画担当は「原画マン」、動画担当は「動画マン」と呼ばれます。また、1つの作品に原画マンや動画マンが複数人いる場合もあります。

分業するにしても、同じ作品なのにAのシーンとBのシーンで別の人が描いたように見えてしまっては困るので、アニメーターたちはすでに用意されているキャラクター表や絵コンテに従って描きます。

ただし、どうしても個々の癖や力量によって多少のズレは出てしまうため、最終的なチェックと微修正の作業は「作画監督」が行います。

アニメーターとしては、動画→原画→作画監督とステップアップしていくのが一般的ですが、作画監督をしながら原画を描いたり、原画と動画を両方描いている人もいます。