アニメーターの給料・年収

給料・年収

フリーランスが主流のアニメーターの給料は、基本的に「歩合制」となっています。

たとえ制作会社やスタジオに所属していても、雇用形態が正社員や契約社員でない限りは「月給○○円」といったような固定給をもらえることのほうが珍しく、こなした仕事に応じた報酬という形で収入を得ています。

仕事の単価については、動画はテレビ作品の場合1枚150円〜250円程度、原画は1枚2,000円〜2,500円程度が一般的です。1枚あたりの出来高制であるため、給料を稼ぐためには、大量の絵を描くしかありません。

仕事をこなせばこなすほど収入は増えますが、誰でも1日の作業量には限界があり、新人のうちは頑張っても月に5万円〜10万円程度しか稼げない人も少なくありません。

日本アニメーター・演出協会(JAniCA)のアニメーターの年収に関する調査では、20代が110万4000円、30代が213万9000円となっており(一般国民の平均年収は20代で251万、30代で343万円)、若いうちは他の仕事と比べて収入が低い仕事であることは否めません。

苦しい生活になる可能性が高いため、入社前に貯金をしておくことも考えておいたほうがよいでしょう。

経験を積んで原画が担当できるようになったり、作画監督の仕事もできるようになれば、少しずつ収入は上がります。実力主義の面も大きいため、どれだけ速く、上手く、仕事をこなしていけるかが大きなポイントとなります。

待遇

アニメーターは、収入に関しては厳しい現実がありますが、待遇に関してもあまり期待しないほうがよいでしょう。フリーランスであれば、健康保険や年金は自分で加入しなければなりませんし、残業代や深夜労働手当なども支給されません。

ただし、生活もままならないような厳しさが続けば、この仕事を続けていく若者がいなくなってしまいます。そこで、近年では業界全体で社員雇用をして若者をきちんと育てようという動きや、労働環境を見直す制作会社も少しずつ増えつつあります。