アニメーターの魅力

人々にワクワクを与えられる

子どもから大人まで、世の中にアニメファンはたくさん存在します。アニメは人に笑いや涙、そしてワクワク感を与えることができる力を持っています。

「ジャパニメーション」という俗語も登場していますが、日本のアニメはレベルが高いとされ外国人のファンも多くいます。

そんな素晴らしいアニメを作るために、アニメーターの存在は絶対に欠かせません。自分が手がけた作品で多くの人々に喜んでもらえることは、この仕事の大きな魅力といえるでしょう。

チームプレイで働ける

アニメーション制作は一人ではできません。アニメーター含め演出家や脚本家など、さまざまな部門のプロたちがお互いを認め合い、それぞれの力を最大限に発揮してこそ素晴らしい作品が完成します。

仲間と一緒に作品を作り上げる過程には厳しいことや苦労もありますが、やり遂げたときの達成感はひとしおです。自分だけが頑張るのではなく、みんなでチームワークを発揮して働けることは、アニメーターの仕事の魅力のひとつです。

手に職がつく

アニメーターは、新人のうちは厳しい生活を強いられることもある仕事ですが、何年も続けていれば技術も身につき、少しずつ大きな仕事を任されるようになるでしょう。

また、アニメーターは一種の専門職ですので、技術が身につけばさらなる活躍を求めて別の職場に転職したり、独立したりといったことも考えられます。

中にはアニメーターから演出やシナリオ等の世界へ望んで足を踏み入れる人もいます。

今日明日ですぐに結果が出るわけではありませんが、諦めずに地道にがんばっていけば、可能性はどんどん広がっていくでしょう。