未経験からアニメーターになるには

未経験者OKのことが多い

アニメーターを募集する制作会社やスタジオでは、募集要項に「未経験者歓迎」としているところも多くあります。

実際、採用される人の多くはアニメーションの専門学校や大学を出たばかりのまったく現場経験がない人で、もし学校に通っていない未経験者でも、アニメーターになるのは十分可能といえます。

ただし、この仕事の場合、いくら情熱があっても絵がまったく描けなければ採用はしてもらえません。アニメが好き、アニメの仕事に就きたいという気持ちに加えて、基礎的な画力をアピールする必要があります。

ポートフォリオを用意する

どこの制作会社やスタジオに応募する場合でも、作品の提出が求められます。どの程度のレベルを求めるかは会社によって異なりますが、最低限の画力(デッサン力、レイアウト力など)があるかどうか、やはり現物を見ないと判断できないからです。

まだ絵があまりうまくなくても、成長する見込みがあると思われれば採用される可能性はありますし、上達のためのアドバイスをくれることもあります。

とにかく、まずは絵の練習をすることが第一です。学校に通えば効率的に学べますが、本などを使って独学も可能です。

その後、自信がついたらファイルにまとめたポートフォリオ(作品集)を用意しておきましょう。

ポートフォリオがあれば、もし業界に人脈ができて「ちょっと絵を見せてほしい」と言われたときにもすぐに対応でき、チャンスが広がります。

この世界はとにかく実力主義ですので、経験や学歴はあまり意識しなくても大丈夫です。それよりも日々画力の向上に努めることと、積極的に制作会社に応募するなど諦めずに挑戦する気持ちが大切といえるでしょう。