アニメーターの就職先、活躍の場

大手制作会社

アニメーターの就職先は、アニメ制作会社が中心となります。制作会社といっても大手から中小までその規模はさまざまです。

大手の制作会社の場合はテレビ局と直でつながっていることが多く、アニメ制作の企画提出から納品まで、基本的にすべての工程を自社で行いますので、制作工程を全体的に学ぶことができます

このような会社は過去に優秀なアニメーターを育てていたり、著名な作品にも携われたり、比較的待遇が良かったりとプラスの面が多いため、どうしても人気が集中しやすいです。

就職は容易ではありませんが、多くのアニメーター志望者は、まず大手制作会社を受けています。

中小プロダクション

大手制作会社のほかに、中小の制作会社も多数存在します。「プロダクション」といわれることもあります。

規模が小さくなってくると、大手のように企画から制作すべてを自社で行うわけではなく、大手制作会社から仕事を請け負って制作業務のみを行う、いわゆる「下請け」の会社が多くなります。

なお、大手制作会社の多くは東京にあり、そのため中小のプロダクションもほとんどが東京に集中しています。

専門スタジオ

制作会社は基本的に制作業務全般を行いますが、作画だけ、撮影だけといったように、制作工程別で仕事を請け負う専門スタジオも存在します。アニメーターの場合は、作画を専門で行う作画スタジオが職場として考えられます。

ただし、このようなスタジオは非常に規模が小さいことも多く、会社というよりもフリーランスのアニメーターが集まり、スタジオを借りて活動していることもあります。

アニメーターは大手に就職できる人のほうが少ないため、余儀なくフリーランスで働いているという人も多いです。