アクチュアリーのやりがい

会社の経営に携われる

アクチュアリーは、適正な保険金や支払い金を算出する以外にも、企業の将来を左右する重要な役割を担うこともあります。

たとえば、会社の決算や予算などの情報を読み取り、自らの知識をフル活用して、何年後に会社がどうなっていくか、どうすべきかを予測することは、まさに経営の根幹に直結する仕事といえます。

また、保険商品の開発場面でも、アクチュアリーはおおいに活躍します。

わずか10円の価格設定の違いによって、将来的には会社の収益もしくは損益が何千万円、何億円という違いにつながる可能性もあるため、予測は慎重に行わなければなりません。

非常に責任の重い仕事ですが、その分大きな達成感を味わうことができます。

一般のお客さまと接する機会も

企業内で働くことの多いアクチュアリーに対して、「人と接する機会が少ない」というイメージを抱いている人は多いかもしれません。

ところが、保険や年金に関する法改正は頻繁に行われているため、お客さまと直に接する営業職の社員では、なかなか理解が追い付かないことが多々あります。

そのような場合には、アクチュアリーが直接お客さまに専門的な話をわかりやすく説明する機会も出てきます。

保険や年金はお客さまの人生を左右するものであるだけに、自分の説明でお客さまが安心してくれたり、喜んでくれたりする姿を見れたときは、「やっていて良かった」とやりがいを感じられるでしょう。

個人の裁量に任される部分が大きい

アクチュアリーは「専門職」としての社会的地位を確保しているため、資格試験に合格している人、もしくは一定以上の経験を積んだ人に対しては、かなりの能力があると判断され、個人の裁量で仕事を任せてもらえることが多いようです。

欧米では、独立してコンサルタント的な役割を務めるアクチュアリーも多く存在しますが、日本でも力をつけて独立することは十分可能です。

まだまだ人材不足の職業である分、経験を積めば積むほど重宝されるはずです。忙しくても「社会に必要とされている」と思うと、自然と力が湧いてくるものです。