アクチュアリーの仕事内容

アクチュアリー(保険数理人)とは

人が安心して生きていくうえで欠かせない「保険」や「年金」。しかし、その掛け金や支払い金の額は、一体どうやって決まっているのでしょう?

実は、これらの数字はさまざまなデータをもとに算出されており、そこで活躍しているのがアクチュアリーです。

アクチュアリーとは、確率や統計などの数学的な手法を活用して、おもに保険や年金の適正な掛け金や支払い金を決定する仕事です。「保険数理人」と呼ばれることもあります。

普通、個人の寿命や病気、事故にいたる確率は予測するのが難しいものですが、確率論や統計学を用いることによって、「将来」という不確定な事象の動向を推測することが可能になるのです。

アクチュアリーの具体的な仕事内容としては、まず保険関連資料などの収集を行い、死亡率、自殺率、事故率、伝染病、天候、国の景気、災害確率、政治・経済情勢などのデータを分析し、将来起こり得る事象を確率論・統計学を用いて予測します。

アクチュアリーが適正な保険金額を算出することで、保険会社の健全な経営が実現できるばかりでなく、お客さまにとって魅力的な保険商品を開発する場面でも、アクチュアリーは大きな役割を担っています。

一般的にはあまり馴染みのない職業かもしれませんが、国際的な専門職として、海外からの評価が高い仕事です。

多岐に渡る活躍の場

アクチュアリーは、生命保険事業や年金事業分野での活躍が一般的ですが、最近では企業経営の場面においても需要が高まっています。

たとえば、M&Aを計画する場合に相手企業の価値を評価したり、市場リスクを予測したりと、高い専門知識を有したアクチュアリーが活躍できるフィールドは多岐に渡ります。

そのほか、証券会社や監査法人、弁護士事務所、官公庁などもアクチュアリーが活躍する場の一部です。