アクチュアリーの転職

試験の合格科目数が重要

アクチュアリーは需要に対して資格取得者(アクチュアリー会の正会員)がまだ多くないだけに、転職市場では比較的優遇されることが多いようです。

とはいえ、アクチュアリー資格試験は、7科目すべてを合格するまでに10年かかる人もいるといわれる厳しいもの。

まだ数科目のみしか合格していないけれど、さらなるスキルアップを目指して転職したい、という考えにいたることも十分に考えられます。

その場合、やはり試験に合格している科目数が多ければ多いほど、転職には有利になるようです。

それに加えて年齢も判断材料になることがあり、20代で数科目の合格であればスムーズに話が進みますが、30歳を超えると急激に厳しくなるといった声も挙がっています。

できるだけ早く1次試験の5科目に合格して「準会員」となることが、転職を成功させる大きなポイントともいわれています。

未経験からアクチュアリーへ

まったく別の世界から、アクチュアリーを目指すのは楽なことではありません。業界内でも人材の流動化が進み始めているため、外部からこの世界に入るとなれば、相当な厳しさを覚悟しておく必要があるでしょう。

ただし、まだまだ人材不足であることは確かです。数理的能力に自信がある人や、データ分析力や論理的な思考が優れている人は、意欲次第でゼロの状態から目指すことも不可能ではありません。

その場合でも、やはり資格試験への合格が一番の近道といえます。できればどこかの企業等でアクチュアリー業務に多少なりとも関わりつつ、勉強を続けていくとよいでしょう。