アクチュアリーの現状と将来性

保険・金融領域のほか、企業経営の場面でも活躍

アクチュアリーのおもな活躍の場は、生命保険会社や損害保険会社などの保険分野、また信託銀行といった金融分野、さらには監査法人やコンサルティング会社、各省庁となっています。

アクチュアリー自体は100年以上の歴史を持つ職業であるため、社会や企業から由緒ある専門職としての評価が高く、「数理業務のプロフェッショナル」として重宝されています。

また、近年は企業において「リスクマネジメント」の重要性が認識されるようになりました。

企業が業務を遂行するにあたって、その過程で起こり得るリスクに対し、組織全体の視点から戦略的に評価し、企業価値を最大化することが求められているのです。

このような状況下において、アクチュアリーは保険領域で培った能力を、会社経営の場面に応用できる専門家として、急速に需要が高まっています。

安定した待遇の下、力を発揮できる職業

日本アクチュアリー会の正会員として活躍する人は、2013年現在でまだ1300人程度。

特別な知識を必要とする専門職、かつ人材不足であることから給与面や待遇面に恵まれているほか、有資格者(もしくは一部試験科目合格者)に対する求人数も多いため、資格をとったはいいけれど「仕事がない」ということで困ることはないでしょう。

アクチュアリーは会社員として保険事業や年金事業に携わるだけではなく、独立して企業の外部コンサルタントとして活躍したり、監査法人の外部監査を行ったりと、自らのキャリアプランに応じてさまざまな立場から活躍できる可能性を秘めています。

実際、欧米では独立開業するアクチュアリーが多いようですが、日本でも少しずつそういった形が増えていくものと予想されています。

難関の試験とはいえ、目指しがいのある職業といえるでしょう。