アクチュアリーになるには

日本アクチュアリー会の正会員を目指す

アクチュアリーになるには、公益社団法人日本アクチュアリー会が実施する「アクチュアリー資格試験」に合格しなければなりません。

そのうえで同会の「正会員」になることで、必要な知識を備えたアクチュアリーと認められます。

アクチュアリー資格試験は非常に難しく、専門的な勉強をしていなければ太刀打ちできないため、生命保険会社や損害保険会社、信託銀行などに就職して「アクチュアリー候補」として職務経験を重ね、その間に合格を目指して勉強を続ける人が多いようです。

アクチュアリー資格試験は第1次試験と第2次試験に分かれており、いずれも筆記試験です。

第1次試験では「数学」「生保数理」「損保数理」「年金数理」「会計・経済・投資理論」の5科目が出題され、すべてに合格した人のみが第2次試験に進めます。

第2次試験では、「生保」「損保」「年金」の3つのコースから1つを選び、より専門的な知識を問う2科目が出題されます。

この試験に年齢制限はないものの、最も早くて「大学3年生(4年制大学において、休学期間を除き2年以上在学し、かつ62単位以上の単位を修得した学生)」から受験が可能です。

そのため、基本的には大学に進学することが必要です。

学部・学科の制限はありませんが、試験では数学に関する問題が多く出題されるため、数理学系の学部を出ていると有利になるでしょう。

アクチュアリー候補生として企業へ就職を

アクチュアリー資格試験はとても難しいものですが、一度にすべての科目に合格する必要はないため、毎年1科目ずつ合格を目指していく方法もあります。

第1次試験の5科目に合格した時点で、「準会員」となります。なお、すべての科目に5年で合格すれば早いほうで、平均で8年程度。10年かかる人も決して珍しくないようです。

試験合格に少しでも近づくためにも、保険会社等への就職試験を受ける場合は、できるだけアクチュアリー業務に関連する職場への配属を目指すべきでしょう。

そのような職場では、試験対策講座の受講費を一部支給してくれたり、複数の科目に合格することで給与面などで優遇されるなど、会社の後押しが期待できるケースが多いです。

「アクチュアリー候補生」として入社するのがベストですが、その就職試験は狭き門となりますので、大学や大学院でしっかりと学んでおく必要があります。

なお、アクチュアリー候補生の採用試験では数学の試験が課されることが多いため、やはり数学を得意にしておくに越したことはありません。

なお、近年では業務上で国際会計基準などの情報を集めることが増えているため、英語力も活かすことができます。

このように、アクチュアリーになるまでには険しい道のりが待っていますが、日本ではまだまだ有資格者が少ないこともあり、非常に将来性のある職業といえます。